ビットコイン

車を作る新勢力にとって、現在、みんなの手には大量の注文がたまっている。 3月以来、新エネルギー車市場は大きな値上げの波を迎えて、消費の前置も派生して、多くの消費者が5月の正式な値上げ前に注文したからです。その結果、後続の新車発表、発売の計画が完全に乱れてしまいました。

短期投資
仮想通貨

Google vs. IBM:ハードテクノロジーの中心的な問題は、アプリケーションシーンですでは、Amazonの日用雑貨業界での拡大は、伝統的な日用スーパーマーケットが大量に倒産し、多くの小売業者が長い間恐れていた「小売終末」――電子商取引業者以外の小売ルートがすべて崩壊することにつながるのでしょうか? 少なくとも今のところ、まだその一歩には至っていない。 2020年から2021年にかけて、アメリカの日用雑貨小売選好指数(RPI)で上位14位にランクされたのは、Amazonだけが電子商取引を大本営とし、残りは老舗チェーンスーパーである。

仮想通貨
仮想通貨

それは専らAmazon電子商取引倉庫にロボットを提供させる。 2019年現在、20万人以上のロボットがAmazon倉庫で働いています それらがなければ、Amazonは翌日の到着サービスを提供することはほとんど不可能です。To C分野では、Amazonが主力となっているのは、生鮮、日用雑食、およびコンテンツビジネスであり、前者は全く新しいビジネスモデルであり、後者は歴史的に得意なビジネスではありません。 近距離電子商取引の問題については、後に特別な章で議論する; コンテンツ業務はAWSと相互に支点となり、相互に促進する必要がある。 ここで、MicrosoftとAmazonのようなレベルの科学技術大手にとって、単純な意味のTo C業務も、単純な意味のTo B業務もなく、すべてが互いに関連していることがより深く理解できる。

仮想通貨
短期契約

AppleとGoogleの関係は比較的良好で、Googleのネットアライアンス広告による収入がAppleに分配されるため、差別化されています。 (説得力に欠けます。AppleとGoogleの競争関係は明らかに協力関係より強いからです! )最も典型的な例は、Amazonが電子商取引のインフラの上でクラウドコンピューティングを発展させたことです。 最後に、多くの新技術、新業態は企業サービス市場で検証され、段階的に千軒の万戸(国内のいわゆる「ハードテクノロジー」を含む)に入ることができる。

仮想通貨
ビットコイン

クラウドコンピューティング事業の大幅な成長により、MicrosoftはTo C事業への攻撃を開始するための資本力を持っている。主な攻撃方向はゲームであり、その中で最も注目されているのは2021年のZeniMaxの買収、2022年のActivision Blizzardの買収である。 1990年代後半にゲームコンテンツ事業に参入して以来、Microsoftはゲーム事業を25年以上経営している; 2000年に初代Xbox本体を発表し、ゲームプラットフォーム事業を運営してから、22年も経った。また、四半期間の財務変動曲線も明らかである。 消費の季節要因が顕著だからです。 通常、第4四半期はその年の最高峰です。 楽天は第4四半期に大型キャンペーンを行い、

仮想通貨
ビットコイン

強力な消費アプリケーションシーンに基づいており、「実験室主導」ではなく需要主導の研究開発である。 この点、国内の多くの人は分からないか、分からないふりをしているようです。アメリカの大手科学技術会社も地元の小売を気にしていて、それを突破口にすることを目指している

短期契約